安東邦彦のマーケティング研究室

2011年10月27日

マイケルE.ガーバーとは?

私は、マイケルE.ガーバー氏の書籍を呼んで感激して、サンディエゴでの研修を受けました。

正直、マイケルE.ガーバー氏が何者かもほどんど知らずに・・・。

よくよく知ってみると、アメリカではかなり著名な方のようで・・・。

ガーバー
はじめの一歩を踏み出そう!

http://www.amazon.co.jp/dp/4418036016

40年間、起業家支援、スモールビジネス支援にかかわり、米国の企業向け雑誌として有名なInc誌が「World’s #1 Small Business Guru(世界で最も優れたスモールビジネスの権威)」と評しているそうです。

さらに、マイケルE.ガーバー氏が執筆した書籍、E-MYTHシリーズは16カ国語に翻訳され、ビジネス分野でのベストセラーシリーズとなっていて、中でも「E-MYTH Revisited」(邦題:はじめの一歩を踏み出そう)は、Inc 500社のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得してるのだそうです。

すごいね。



bra_labo at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月26日

マイケルE.ガーバー氏の研修がスタートしました!

マイケルE.ガーバー氏の研修がスタートしました!

熱のこもった研修で朝7時~夜9時までみっちりと、「スモールビジネスの大半がなぜ、失敗するのか?」
についての講義を受けています!

いままでに日本で受けたことのない内容に、驚きの連続。

20110912 02720110912 048

bra_labo at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月25日

サンディエゴに到着

マイケルE.ガーバー氏の研修を受けに、サンディエゴにきています。

そもそも、マイケルE.ガーバー氏の一冊の書籍と出会い、衝撃を受け、いても立ってもいられずにインターネットで調べると、2ヵ月後に研修があることを知りました。

スケジュールを調整して、申し込みをしました。

英語も話せないにも関わらずです。

そして、ロサンゼルス空港に降り立ち、電車やバスを乗り継ぎ、5時間かけて

いまサンディエゴに到着しました。

不思議な気分です。

IMG_013420110912 021

bra_labo at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月20日

宋文洲氏の刺激的すぎる話

去る10月6日、ダイヤモンド社と共催で、
プロフェッショナル営業術LIVE」を開催しました。

第一回目は基調講演として宋文洲氏に講演をお願いしました。

「やっぱり変だよ 日本の営業」で知られる宋氏の生で聞く話は、
それまで何冊も氏の書籍を読んでいた私にとっても大変刺激的でした。

セミナーの参加者から出た質問に
「うちは販売会社なので、商品での差別化が難しい。他社とどうやって
差別化を行うべきか?」という内容がありました。

宋氏の回答はこうです。
「差別化できないなら、他の商品を売りなさい。お客が欲しがるものを」

IMG_5787


また、“経営者の決断”について私が質問してみました。
「宋さんは日本で起業し、上場企業を創り上げ、それを他人に譲り
様々な決断をしてきたと思います。淡々とやってきたようにも思えますが
いったいどうやって決断してきたんですか?」

宋氏
「淡々とやってきたわけじゃないです。迷いもあったけど、常に多くのお客が
求めるマーケットに事業転換してきただけのこと。」

IMG_5806


どちらの回答も顧客目線。
どんな理屈をこねられるよりも、ストーン!と腹に落ちました。
分かったことは、一流の経営者は、こうして常にシンプルに考えているのだ、
ということです。





bms_thanks at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月14日

営業の「迷い」を「行動」に変えるセミナー 残席10

10月6日(木)にプロフェッショナル営業術LIVEを開催します。
ダイヤモンド社共催セミナー

ご案内して、1週間で残席が10席になってしまいました!

「根性と努力」に頼らない売れる営業組織のつくり方

main
プロフェッショナル営業術LIVEとは、下記のような悩みを持った方のためのシリーズセミナーです。

「忙しさに売上が伴わない」
「売上目標(ノルマ)に常に追いかけられている」
「今の会社の営業方法に疑問を感じている」
「競合他社との競争が益々激しくなっている」
「営業マンが育たないと感じる」

多くの営業部門、営業マンが目の前に立ちはだかる課題を抱えて、立ち止まっています。 企業としては業績回復のために、営業力強化を叫び、営業部門にがんばりを求めています。

しかし、“がんばって”業績を上げるのも限界に近づいてきたのではないでしょうか。何をどうすれば、成果をあげることができるのか、が分からないのです。“がんばり”だけではカバーできないことは明らかです。

そこで、このような混沌とした時代の中で、営業部門が迷いをなくし、顧客に選ばれる企業(人)になるためには何をしたらよいのか。

第一回のゲスト講師には、1992年に創業したソフトブレーン株式会社を2005年6月に東証1部への上場企業への導いた実績をもつ宋文洲氏をお招きしました。

私が、モデレーターをつとめ、参加者の皆さんに代わり、宋氏に切り込んでいきます。「今の営業組織を変えるための第一歩」「あなたや企業が成長するために必要な視点」「これからのビジネスマンの在り方」「世界から見た日本企業」など、普通なかなか聞けないお話をこの機会に伺います。
http://www.brain-marks.com/diamond/20111006.html



bra_labo at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)