安東邦彦のマーケティング研究室

2010年04月

2010年04月28日

きらやか銀行?

201004281632000本日、西新宿のアイランドタワーに入っている企業から、WEBサイト
リニューアルのご相談があり、訪問しました。

新宿の街が久しぶりであったこともあり、ぶらりと散歩していると、
そこに、あまり見かけない銀行が・・・。

きらめき銀行? さわやか銀行?

いいや、「きらやか銀行・・・・」

201004281635000
思わず写真を撮って、調べてみると山形の
銀行でした。山形では有名なのでしょうか・・・

bra_labo at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

保険毎日新聞に記事が掲載されました

保険業界メディアで、保険代理店のブランド化について
紹介していこうと思っています。

2010年4月21日 保険毎日新聞・7面掲載記事

■ブランド化で生き残れ(連載3)
~士業とのパートナーを武器に~

⇒ 保険毎日新聞の記事はコチラ



bra_labo at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月27日

日本青年会議所 保険部会セミナー

日本青年会議所(JC)保険部会主催のセミナーで講師をつとめました。
http://www.jchoken.com/2010/index.html

全国から多くのプロ代理店の方にご参加いただきまして、感謝です。

ありがとうございました。

DSC01908DSC01906


bra_labo at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2010年04月23日

スピードアップの秘訣はスローダウン

517wZX9--ALストレスフリーの仕事術
―仕事と人生をコントロールする52の法則 (単行本)
デビッド アレン (著)

年度末や年度初めは、日常の業務に追われて、新たな取り組みやチャレンジが出来ないジレンマに悩まされたりしませんか?



本書は、ストレスなく仕事を処理するための、原理と原則を優しく紹介した書籍だと思う。

印象深かった内容は、「スピードアップの秘訣はスローダウン」。

やりたいと思うことを思いっきりやれる時間・エネルギーが整うことは多くない。だから忙しいときこそ、全体を見渡して、リラックスしよう。全体を俯瞰すれば、意外とリラックスできる。と紹介している。

思っていても、できない・・・・。
しかし、いつも仕事を楽しめるようになるには重要なことですね。

bra_labo at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍 

2010年04月16日

マーケティングの必要性とは?

私は常々「どのようなビジネスにもマーケティングが必要」だということを
お伝えしています。
では、そもそも“マーケティング”とは何なのか? まずは、マーケティング
の定義をご紹介しておきましょう。

----------------------------------------------------------------------
【マーケティングの定義】
マーケティングとは、顧客に向けて価値を創造し、伝達、提供し、組織及び
組織を取り巻くステークホルダーに有益となるよう顧客との関係性をマネジ
メントする組織の機能及び一連のプロセス」
(アメリカ/マーケティング協会)
----------------------------------------------------------------------

これはつまり、「顧客を思想的な基盤として、外部市場環境にいかに創造的
に適応するかを問う、経営思想であり、方法論」です。

さらに、かみ砕いて言うなら、「顧客のニーズに応えて、利益をあげること」
と置き換えることが出来ます。

ですから、皆様が日常的に努力工夫されていること自体がマーケティング活動
の基本であると言えるのです。

そして、このマーケティングへの取り組みを経営に活かすために、重要だと
考えていることがあります。それが、企業経営の戦略です。

「経営の戦略」というのは、端的に言ってしまえば「予測力」です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
素晴らしい商品の発掘、すぐれた販売力、そして、組織を拡大に導くという
ことも非常に重要ではありますが、向かうべき方向性が間違っていたのでは、
その努力は報われません。

変化が激しい業界で経営の舵取りをするためには、業界やマーケットと向き
合いながら、その変化を敏感に感じ取り、将来を予測することが必要不可欠
なのです。

そして、この予測をもとにマーケティングを行うことで、一歩先を見据えた
経営に取り組んでいけるのです。



bms_thanks at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コラム